超簡単すぎる最短3日の早漏改善の方法♂♀

早漏改善

早漏改善って難しいとは思っていませんか?

ですが… 実は早漏って超簡単に治すことが可能なんですよ。

なぜ❓簡単に早漏が改善するのか?と言えば「3つの要素を包括してアプローチ」するからなんですよ。

早漏を改善するにはペニスへの刺激のトレーニングだけが重要だと思っているのは間違いなんですね。

早漏改善を簡単に行うには!?

早漏をより簡単で効果的に治すには、まず早漏のメカニズムを知りその原因を知る必要があります。

そもそも早漏の大きな原因は「心因性」だと言われています。

Wikipediaの早漏の原因を引用

ほとんどの場合、男性の身体機能には問題がなく、心因性のものである。性行為の際に女性のほうが性的満足を得るのが遅いため、男性側が自然に任せて射精した場合は早漏となる。また、性行為に不慣れな場合は、男性側が自分の性欲をうまくコントロールできないため、早漏になりやすい。また、若い男性は、射精が早い傾向が強い。

早漏改善の鍵は原因となる心因性の正体を知ることにあり!

早漏の原因

それでは、この「心因性」をもっと分かりやすくご説明しますね。

上記のグラフの通りに、射精のメカニズムは「興奮の上昇と刺激の継続」に比例して射精に至ります。

刺激時間の継続とともに、より興奮度が高まり射精ラインに到達する訳です。

この時間が短いほど「早漏」と言われ「A ⇒ B ⇒ C ⇒ D」と、より興奮度を抑えコントロールできるほどに射精時間が延びていきます。

セックスで挿入する前から暴発しそうなケースでは、この興奮度が高まり過ぎているという訳ですね。

本当に射精と興奮って関係あるの!?

理屈としては理解できるけど… 本当に興奮を抑えれば射精時間って伸びるのかなぁ?と疑問に思いませんか?

例えば、全くタイプでない不細工な女性とセックスをするよりも、タイプで好みの女性ならばいつもに増して射精が早くなりませんか?これはタイプの女性とのセックスの方がより興奮するからですね。

また「賢者タイム」にしてもそうです(一度射精をすると一時的に性的欲求が消える期間)

1回目のセックスよりも、2回目のセックスの方が射精時間が長くなるのは、1回目よりも2回目の方が興奮していないからです。

もちろん一度射精をしたという理由もありますが、目の前の女体への慣れや、性的な欲求が満たされた結果として「性的な興奮度が上がらないから」なんですね。

早漏を効果的に改善する3つのアプローチ!

これまでに早漏や射精のメカニズムのお話をしてきました。

以上のことからも分かるように、早漏は3つのアプローチでを効果的で簡単に改善することができるんですね。

  • 興奮のコントロールをする(興奮度を抑える)
  • 刺激のコントロールをする(セックス中のペニスへの刺激に対して強くなる)
  • 射精のコントロールをする(挿入中のペニスへの刺激コントロールを自身で行う)

ということですね。

この3つの要素を包括してアプローチするために、より簡単で効果が出るんですね。

1 興奮をコントロールする方法とは!?

よく言われることで、セックスでイキそうになったら「母親の顔を思い浮かべる・明日の仕事のことを考える」など別のことを考えて気を紛らわす方法があります。ですが、実際に試してみるとほとんど効果がなかったという経験はありませんか?

例えばセックス中に萎えることってありませんか?

フェラの時に歯が当たってペニスが萎えた・女性器が臭くて冷めたなどですね。他にも日常的に後ろから肩を叩かれて無意識に振り向いた。なども反射や反応になり、頭で考えるよりも行動として反応しているんですね。

頭で考えて興奮を抑えるのではなく「反射的に興奮を抑える方法」があり、その方が効果が高いんですね。

早漏にならないために興奮をコントロールする具体的な重要点は2つですよ。

  • 愛撫段階から興奮を抑える方法を知っておく
  • 射精しそうになる前段階で強制的に興奮を抑える方法を知る

ということなんですね。

2 刺激をコントロールする方法とは!?

次はペニスへの刺激に関する内容ですよ。

ペニスが刺激に弱ければそれだけ過敏で早漏になります。

ですので、ペニス自体に行う効果的な刺激のトレーニング方法があるんですね。

例えば、入浴時にペニスは手で洗わないと痛いという男性もいれば、洗体タオルで擦っても大丈夫だという男性がいます。これはペニスへの刺激の感度が違うからですね。

スポーツにしても効果的なトレーニングと無駄なトレーニングがある様に、早漏改善でも簡単で効果的なトレーニング方法があるんですね。トレーニングはずっと続けなくても、ある程度の効果が出れば大丈夫ですよ。

そんな効果的な方法を後ほどお伝えしますよ。もちろん「直接的にペニスへ触れて鍛える方法」です。

3 射精をコントロールする方法とは!?

射精をコントロールするというのは、簡単に言えば「挿入中にペニスへの刺激を緩和する」といことです。

セックス中に何も考えずにピストンをするよりも、ペニスへの刺激を抑えるピストンをした方が射精時間は伸びますよね。

ペニスへの感度がマックスで10だとすれば、そのマックスでの快感が継続するよりも「3~4の快感で抑えられれば」より射精が伸びますよね。

極端に言えばピストン中に射精しそうになれば、そのピストンを完全に停止すれば良いです。ですが、これでは女性の感度も停止してしまいますよね。そうすれば女性をイカせるのが難しくなります。

医学的にも解明されていますが、男女のセックスでオーガズムまでの到達時間を比べた場合には、女性の方が時間がかかることが分かっています。

女性をイカせたい場合には、自身のペニスには軽い刺激でありながらも、女性には大きな快感を与え続けることが効果的なんですよ。

男女のオーガズムの違いとは!?

女性のオーガズム

上記のグラフは、女性がオーガズムに達するまでの過程です。

男性がオーガズム(射精)に達するには「快感の継続時間と興奮の上昇」に比例します。

ですが女性の場合には、オーガズム手前で「快感の停滞」があり、これを突破することでオーガズムに達します。

ですので女性の方がオーガズムまでに時間がかかると言われています。また、「もう少しでイキそうだけど…」と言い、なかなかイカない女性もいますよね。この理由と原因が「快感の停滞期」なんですね。

女性はオーガズム直前までは簡単に感度が上昇しますが、この「快感の停滞期」を突破するには「快感の継続が重要」になるんですね。

これを突破する前に射精をしてしまうことで、セックスで女性をイカせられない… という結果になるんですね。

ですので女性をイカせるには、挿入中に「ペニスへの刺激をコントロール」するテクニックが重要なんですよ。

私自身も超簡単に治った❣早漏改善の方法

今までお話したように…

  • 射精や早漏のメカニズム
  • 興奮のコントロール
  • 刺激のコントロール
  • 射精のコントロール
  • セックスでの挿入のテクニック
  • 各愛撫段階でのセックステクニック
  • 女性をイカせるセックステクニック

などを教えてくれるハウツー動画があるんですね。

せっかく早漏を治したなら、より上手なセックスで女性をイカせたいですよね。

早漏改善だけでなく、女性を愛撫でイカせ膣内感度を上げるセックステクニックも教えてくれる方法ですよ。

AV男優が教えてくれる方法で、色々な駆け出しAV男優から一般男性からも支持されている方法なんです!

プロが教えてくれる方法ですので「無料」ではありませんが「早漏改善&セックステクニックで男として一生使えるスキル」になりますよ。

私自身も今までに早漏を何とかしたい!そう思い色々な早漏改善のハウツー(AV男優の加藤鷹や田淵正浩の方法)を試しましたが、この方法が一番簡単で効果が高かったです。

効果が出てくるのは個人差がありますが、私自身は3日ほどで効果が実感できる様になりましたよ。

動画を見て知識を吸収して真似るだけなので今すぐにでもアナタのセックスが劇的に変化しますよ。まだペニスが過敏の場合には、早漏を克服する期間は10日~14日ほどの期間があれば余裕ですよ。

私自身は今までは1~2分しか持たない状態でしたが、今では10分以上は余裕で持つ様になりましたよ。

少しでも早漏から卒業したいと考えているならば、一度チェックしてみて下さいね。

セックステクニックは「期間限定の特典」ですので、特典がなくなる前にチェックした方が良いですよ ^^ /

早漏改善の方法

  • この記事を書いた人
365日AV三昧

365日AV三昧

最近ウサギが飼いたいんですが我慢しています…
ウサギは繊細で弱い動物なので飼う自信がありません TT

投稿日:

Copyright© 365日AV半額 , 2019 All Rights Reserved.